ニュース化学

NASAのアルテミス1ロケットは、潜在的なハリケーンのためにストレージにロールバック

新しい後退で、NASAのアルテミス1ロケットは、米国宇宙機関の発射台が位置するフロリダでの潜在的なハリケーンのために、貯蔵所に巻き戻されていました。

先月打ち上げが予定されているにもかかわらず、有人月ミッションのための爆発は、すでに3回押し戻されています。

NASAの公式ジム-フリーは、”イアンの予測を見直した後、今夜、アルテミスI車両を車両組立ビルにロールアウトします。”

“私たちの人々とハードウェアを安全に保つことは、正しく必要な決定でした”と彼は付け加えました。

NASAによって収集された追加の一晩のデータは、ハリケーン・イアンが強風と大雨の予測のためにロケットに危険であることを証明することができることを示しました。

現在はキューバ南西部のカテゴリー1ハリケーンであるが、メキシコ湾を通ってフロリダに向かうにつれて強化されると予想されている。

NASAは、月曜日の夜の午後11時頃(0300GMT)に98メートル(320フィート)のロケットを移動し、振動でロケットを損傷するのを避けるために、ゆっくりと動いている転がるプラットフォーム上で運ばれます。

嵐が通過した直後に離陸の試みをスケジュールすることができることを期待して、NASAはアルテミスIを避難させるかどうかを決定するために最後まで待っていた。

宇宙機関によると、現在の打ち上げウィンドウ内で爆発する機会はありません。

NASAは、ロケットの打上げを試みるために、10月17日から31日と11月12日から27日までの2つの窓を持つでしょう。

ハリケーンと燃料漏れのために以前の打ち上げの試みがキャンセルされた後、保管の決定はアルテミス1の最新の後退のみを表しています。

アルテミス1はオリオンカプセルを展示するために設定されており、最新の月のミッションは、アポロ計画の最終飛行から50年後に来る。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button