ニュース

グローバルオーガニックオイルシード市場調査レポート2023

油の種は一般に、家庭や食品産業用の食用油を抽出するために使用されます。

市場分析と洞察:グローバルオイルシード市場

Covid-19パンデミックのため、世界の油糧種子市場規模は2023年に290780百万米ドルの価値があると推定されており、2030年までに cagryで再調整されたサイズの3億7,6060百万米ドルになると予測されています。 2023-2030の予測期間中4.4%。この健康危機による経済変化を完全に考慮して、2022年に油糧種子のグローバル市場の%を占める菜種は、2030年までに100万米ドルを大切にすると予測されており、2023年から2030年にかけて修正された% CAGR で成長しています。この予測期間中、世帯消費セグメントは% cagr に変更されます。

このレポートの無料サンプルをダウンロード @ https:// www .enrmarketresearch.com/download-free-sample/7507579/global-oilseed-2023-838

過去20年間で、さまざまな目的で再生不可能な資源が不足しているため、植物油の使用がバイオ燃料の分野で増加しています。オイルシードは、食用油を入手するために手動または機械的に押し付けられているか、砕いています。大豆やピーナッツなどの油糧種子は、それらから油を抽出するだけでなく、食物として直接消費されます。さらに、オイルが豊富なケシの種子とヘーゼルナッツは直接消費されます。さらに、これらの油の種は毎日の調理で食物成分として使用されます。

グローバルオイルシード市場:ドライバーと抑制

研究報告書には、市場の成長を強化するさまざまな要因の分析が組み込まれています。それは、前向きまたは否定的な方法で市場を変革する傾向、抑制、およびドライバーを構成します。このセクションでは、将来の市場に影響を与える可能性のあるさまざまなセグメントとアプリケーションのスコープも提供します。詳細情報は、現在の傾向と歴史的なマイルストーンに基づいています。このセクションでは、世界市場と2017年から2030年までの各タイプに関する生産量の分析も提供します。このセクションでは、2017年から2030年までの地域による生産量について説明します。価格分析は含まれています。 2017年から2030年までの各タイプ、2017年から2023年までのメーカー、2017年から2023年までの地域、2017年から2030年までのグローバル価格によると、レポート。

レポートに含まれる拘束の徹底的な評価は、ドライバーとの対照を描写し、戦略的計画の余地を与えます。市場の成長を覆い隠す要因は、成長し続ける市場に存在する有利な機会を手に入れるためのさまざまな曲がりを考案することができると理解できるため、極めて重要です。さらに、市場の専門家の意見に対する洞察は、市場をよりよく理解するために取られています。

グローバルオイルシード市場:セグメント分析

調査報告書には、地域(国)、製造業者、タイプごと、による特定のセグメントが含まれています。各タイプは、2017年から2030年の予測期間中の生産に関する情報を提供します。アプリケーションセグメントは、2017年から2030年の予測期間中に消費を提供します。市場の成長を支援します。

タイプによるセグメント

コンテンツの表

1油糧種子市場の概要

1.1油料種子の製品の概要と範囲

1.2タイプ
による油糧種子セグメント

1.2.1グローバルオイルシード市場規模の成長率分析タイプ2023対2030

1.2.2菜種

1.2.3綿

1.2.4グラウンドナット

1.2.5ヒマワリの種

1.2.6パームカーネル

1.2.7 Copra Seed

1.2.8その他

1.3アプリケーションによる油糧種子セグメント

1.3.1アプリケーション別のグローバル油糧種子消費比較:2023対2030

1.3.2世帯消費

1.3.3フードサービス

1.3.4バイオ燃料

1.3.5その他

1.4グローバル市場の成長見通し

1.4.1グローバルオイルシード収益の見積もりと予測(2017-2030)

1.4.2グローバルオイルシード生産能力の推定値と予測(2017-2030)

1.4.3グローバル油糧種子の生産の推定と予測(2017-2030)

1.5地域別のグローバル市場規模

1.5.1グローバルオイルシード市場規模の見積もりと地域ごとの予測:2017 vs 2022 vs 2030

1.5.2北米油糧種子の推定と予測(2017-2030)

1.5.3ヨーロッパの油糧種子の推定と予測(2017-2030)

1.5.4中国の油糧種子の推定と予測(2017-2030)

1.5.5日本の油知らずの推定と予測(2017-2030)

2メーカーによる市場競争

2.1メーカーによるグローバルオイルシード生産能力市場シェア(2017-2023)

2.2メーカーによるグローバルな油糧種子収益市場シェア(2017-2023)

2.3オイルズ

â

お問い合わせ:< /b>

Kharadi、Pune、India

インターナショナル:(+1)646 781 7170 / +91 8087042414

https://www.enrmarketresearch.com/

同様のレポート:グローバルオイルシードレイプ種子市場調査レポート2023

グローバルオイルシードレイプ市場調査レポート2023

グローバル菜種油糧種子加工市場調査レポート2022

グローバルヒマワリ油化物加工市場調査レポート2022

https://www.enrmarketresearch.com/ 最新の記事 もっと読む 最新の記事 Latest Publications

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button